エラ・ヴァレーの特徴輝く質の高い味わいが魅力の赤白ワインセット【イスラエル】

バランスの良い軽やかな飲み心地が魅力のカベルネと、ミネラルと爽やかな酸味溶け合うエレガントなシャルドネが質の高い味わいを競います
商品ID 172382540
生産年・容量 750ml x 2本
希望小売価格 8,870円(税込)
販売価格 8,692円(税込)
購入数


エラ・ヴァレーのワイン造りの特徴輝くプレミアム赤白ワイン

セットに含まれるワインの種類(750ml x 2本):
1)エラ・ヴァレー・エステート|カベルネ・ソーヴィニヨン
2)エラ・ヴァレー・エステート|シャルドネ



エラ・ヴァレーのプレミアムワイン造りの特徴輝き、軽やかな酸味、綺麗な果実味に優しい渋みが溶け合うバランスの良い飲み心地のカベルネと、
コクのある風味と綺麗な酸味が溶け合い、ミネラル感が深みを添えるエレガントなシャルドネが豊かな味わいを奏でて飲む人を魅了します。



エラ・ヴァレー|カベルネ









エラ・ヴァレー・エステート|カベルネ・ソーヴィニヨン

( Ella Valley Estate Cabernet Sauvignon)
エラ・ヴァレー|エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン  
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種
 
 
:カベルネ・ソーヴィニヨン 92%
 カベルネ・フラン 4%
 プティ・ヴェルド 4%
アルコール度数:14%
生産年:2017年
容量:750ml
味わい:辛口 ミディアムボディ
熟成:12ヶ月樽熟
その他:コーシャワイン
生産地:イスラエル|エラ・ヴァレー

軽やかな酸味にカシスやブルーベリーなどの優しい果実風味が溶け合い、これに地中海のハーブの香りやロースト香が品良く重なって、さらにミネラル質や幾分スパイシーなニュアンスが深みを匂わせながら、バランスの良いミディアムボディの柔らかくまろやかな飲み口広がるカベルネです。
フレンチオーク樽で12ヶ月間の熟成を経て出荷されていて、直ぐに飲んでも楽しいワインですが、時間の経過と共に一層の素晴らしさが溢れ出す仕上がりとなっています。



バランスの良さ際立つ軽やかな飲み心地が魅力のカベルネ


おすすめの軽やかなカベルネ


色合いは澄んだ赤みがかった赤紫色をしていて、カシスやブルーベリーの熟した果実風味に控え目ながらもカカオやチョコレートのアロマが品良く重なり、ややスモーキーな香りも漂います。 軽やかな酸味やタンニンが奥の方でそっと存在感を見せていて、ミディアムボディの骨格に深みを添えています。

この軽やかな酸味、優しいタンニンが適度のスパイシーなニュアンスと溶け合い、ミネラル質が土の香りを重ねて、しっとりと落ち着いた余韻が実にバランスの良い心地よさを匂わせるのです。

詳しくは『こちら』




エラ・ヴァレー・エステート|シャルドネ

( Ella Valley Estate Chardonnay )
エラ・ヴァレーの特徴溢れるシャルドネ  
タイプ:白ワイン
ぶどう品種:シャルドネ 100%
アルコール度数:13%
生産年:2020年
容量:750ml
味わい:辛口 
その他:コーシャワイン
生産地:イスラエル|エラ・ヴァレー

エラ・ヴァレーの特徴溢れるシャルドネ100%の白ワインです。手摘みで収穫されたブドウは、一部はフレンチオーク樽で発酵が行われ、そのまま澱引きをせずに(シュール・リー製法)6ヶ月間熟成されます。残りはステンレス・コンテナーで発酵・熟成が行われており、最終的にこれらがブレンドされた後に瓶詰めされています。


厚みのある酸味にほのかな甘みが溶け合う心地よさ

    エラ・ヴァレーのシャルドネ

しっかりと厚みのある酸味にほのかな甘みが溶け合う心地よい口当たりが魅力を放ち、複数のストラクチャが折り重なりながらオーク樽とステンレスタンクの組み合わせによる複雑味豊かな味わいを醸し出しています。

フローラルな香りが漂う中で黄桃やパイナップル、グレープフルーツの風味が重なるしっかりとしたボディをまといながら、微かに苦みも伴うミネラル感とふくよかな酸味が溶け合って心地よさを誘います。
そして奥の方からほのかにバニラ風味やナッツの香りが顔をのぞかせて、一部はオーク樽で熟成されたことを思い起こさせるのです...

詳しくは『こちら』




 ******************************


エラ・ヴァレー・ワイナリー ( Ella Valley winery )

エラ・ヴァレー・ワイナリー

古代からブドウ栽培と上質なワイン醸造が行われていた伝統の復活
エラ・ヴァレー・ワイナリーは、エルサレムから西へ40km程の所に位置するエラ・ヴァレー(エラの谷)に拠を構え、3つのブドウ畑を所有しているエステート・ワイナリーです。

長年に渡ってイスラム教民族による支配が続いたため、この間にワイナリーは破壊され、限られた宗教上の理由を除いてワイン作りは禁止されていましたから、この地域でのブドウ栽培の歴史はすっかり忘れ去られていました。

そんな中で1990年代初期になって、ほんの一握りの人達ですがこの地域でのブドウ栽培やワイン生産の歴史に着目し、伝統の復活に努力し始めます。
1998年に設立されたエラ・ヴァレー・ワイナリーは、この歴史的な伝統の復活に当初より携わってきたワイナリーであり、この地で何千年も続いた古代のワイン作りの文化を再興し、これに現代のワイン醸造の知識と技術を融合してプレミアムワインの生産に取り組んでいるのです。

※エラ・ヴァレー・ワイナリーについて詳しくはこちら:『エラ・ヴァレー・ワイナリー』



トップへ戻る