イスラエルワインとブドウ品種(2)

ビンヤミナ・ワイナリー

ビンヤミナ・ワイナリーのぶどう園



イスラエルのワイン造り近代化の
当初から導入された品種
− カベルネ・フラン −


イスラエルにおける近代のワイン造りが、1880年代にシャトー・ラフィットのエドモン・ド・ロス チャイルド男爵による投資から始まったことは以前にも触れましたが、この時期に、かのシャトー・ラフィットより持ち込まれましたのがカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、マルベックの3種類。

カベルネ・フランは、イスラエルの近代ワイン造りが始まった当初より持ち込まれた品種と言う事になりますが、その後あまり関心を集めることは無く(当時の需要とは合わなかったんですね)、本格的に注目を浴びるようになったのはごく最近の10年ほど前の事、2,000年代に入ってからのようです。

この時に中核となったプレイヤーがカーメル、マルガリット、ヴィトキンの3ワイナリー。
ヴィトキンは当ショップでも紹介していましたが、イスラエルの先駆的なワイン造りの活動にはいつも名前が出てきます。実は『あまり知られていない品種から良いワインを作りだすスペシャリスト』として有名なワイナリーでもあるんです。



カベルネ・フランに向いた気候風土


さてこのカベルネ・フランは冷涼な気候が向いていて、イスラエルでは上ガリラヤ地方が栽培に良いと言われていますが、他にもカルメル山の南やジュデアン・ヒルズ地域がカベルネ・フランの名醸地として名を連ねています。
これらの土地で収穫されたブドウからはミディアムボディ〜フルボディの味わいの、バランスの取れた酸味とハーブの香りに優れたカベルネ・フランが作られると高い評価を受けていますが、先駆者達の果敢な挑戦を通して成し遂げられた評価とも言う事ができます。

参考:Wineisrael.com「 ISRAEL’S GRAPE VARIETIES」
    Winetalk.com 「The rise of Med blends」



プサゴットのカベルネ・フラン

プサゴットのカベルネ・フラン


ちょっとした記念日にと秘かに取って置いたプサゴットのカベルネ・フラン2011を開けたときに、抜栓直後からの深い味わいの素晴らしさに魅了されることになります。
プサゴットのカベルネ・フランは暫く入荷が滞りそうなものですから、一層その繊細な味わいが輝いて見えます...

奥行きの深さを感じさせる柔らかなタンニン、心地よい酸味、そしてスパイシーな刺戟が重なる豊かな味わいが広がり、何故か深い熱帯林を思わせるような湿った土壌の香りに草木やシダの香りが交り合い、複雑味漂う素晴らしい味わいのハーモニーが続くのです。


プサゴットのカベルネ・フラン2

イスラエルのカベルネ・フラン


ヴィトキン、プサゴット、そしてティシュビに留まらず、イスラエルでは多くのワイナリーがカベルネ・フランを生産していまして、かつ高い評価を勝ち得ています。
将来はイスラエルを代表するワイン品種の一つになると期待されているカベルネ・フラン。
イスラエルの土壌に合うと、広く認識されているようです。



お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ

イスラエル関連サイト
パンラエル
トップへ戻る