イスラエルワインとブドウ品種(1)

プサゴットワイナリー

      プサゴット・ワイナリーのぶどう園



ぶどう品種

イスラエルにおける近代のワイン造りは、1980年代に、シャトー・ラフィットのエドモン・ド・ロス チャイルド男爵による投資から始まったことは良く知られていますが、これより少し早い1970年代頃からキディッシュ・ワインやテーブルワイン用に造られていたカリニャンが高品質ワインへと変貌を遂げ、イスラエルの特色あるワインとしての地位を築いていきます。
またこれに少し遅れるものの、1970年代後半にはプティ・シラーも赤ワインの主要な品種として導入され始めたようです。VITKINのカリニャン及びプティ・シラーはこのあたりの流れを汲んだイスラエルの特色あるワインと言う事が出来ます。


さてエドモン・ド・ロスチャイルド男爵は、イスラエルの土壌の特徴を活かしながら、ブルゴーニュ・スタイ ルの赤ワインを造ることに注力したようで、この頃にイスラエルに持ち込まれましたのが当時ブルゴーニュの中心品種であったカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、そしてマルベック。

この後さらにこれら近代化の流れを受け、メルローやシャルドネなどが持ち込まれることになります。
なお、イスラエルにおける2016年度各ブドウ品種の収穫割合は以下の通りです:
(出典:wines Israel 2016)

  カベルネ・ソーヴィニョン 18%   カリニャン 17%
  メルロー 13%   シラー/シラーズ 7%
  プティ・ヴェルド 5%   コロンバード 4%
  マスカット 4%   アルガマン 5%
  シャルドネ 3%   プティ・シラー 2%
  ソヴィニョン・ブラン 2%   エメラルド・リースリング 2%
  カベルネ・フラン 2%   マルベック 2%
  その他 14%      

ちなみにピノ・ノワールやテンプラニーリョ、バルベラ、ジンファンデル、ネッビオーロなども栽培されていますが、収穫量は全体の1%以下で、その他に含まれています。

またこの中で面白いのがエメラルド・リースリング。
この品種もイスラエルには1970年代後半に持ち込まれたのですが、元々は1950年代にカリフォルニアでリースリングとミュスカデルを交配してできた品種だそうです。
イスラエルでも昨今は赤ワインが好まれますが、白ワインの中ではエメラルド・リースリングの人気が高く、この品種のこれだけの成功は他の国では見られないそうですよ。イスラエルで花開いたエメラルド・リースリングと言えそうです。



お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ

イスラエル関連サイト
パンラエル
トップへ戻る