穏やかで綺麗な酸味が爽やかな飲み心地を奏でる赤ワイン【エラ・ヴァレー|イスラエル】

飲んでいる間の味わいの変化も楽しめる飽きの来ない豊かな味わいが魅力を放ち、深みある余韻と軽やかな飲み心地が食卓を彩ります。
【今週のピックアップ】
商品ID 174299689
生産年・容量 2021年 750ml
希望小売価格 3,465円(税込)
販売価格 3,119円(税込)
購入数


エヴァーレッド|カベルネ・ソーヴィニヨン

エラ・ヴァレー・エヴァーレッド|カベルネ・ソーヴィニヨン

( Ella Valley EverRed Cabernet Sauvignon )
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種
 
 
:カベルネ・ソーヴィニヨン 85%
 メルロー 10%
 プティ・ヴェルド 5%
アルコール度数:13%
生産年:2021年
容量:750ml
味わい:辛口−ミディアムボディ
その他:コーシャワイン
生産地:イスラエル|エラ・ヴァレー

この辛口の赤ワインは、いずれも夜間に手摘みで収穫された、カベルネ・ソーヴィニヨン(85%)にエラの谷にあるアデレットとネス・ハリムのブドウ園で作られたメルロー(10%)とプチ・ヴェルド(5%)が加えられています。フリーラン・ジュースが使われ、フレンチオーク樽で熟成されていて、ミディアムボディのバランスの良いエレガントな味わいに仕上がっています。



軽やかな飲み口と深みある味わいが絡み合うカベルネ


軽やかな飲み口に澄んで綺麗な酸味がしっかりとした味わいを醸し出し、優しいタンニンがそっと重なります。そして後からチェリー系の凝縮感漂う果実味がゆったりと湧き上がり、幾分スモーキーなニュアンスやスパイシーなアクセントも顔をだして複雑味を添えています。

ジュディアンヒルズの土の香りやハーブの香りも加わり、樹木の香りが交じり合う厚みのある香りにスモーキーさも重なって、落着いた雰囲気を醸し出しています。


飲みやすいエラ・ヴァレーの辛口赤ワイン


穏やかで綺麗な酸味が爽やかな飲み心地を奏でる赤ワイン

抜栓後、少し時間をおくのがお勧めでしょう。時間の経過と共に全体がバランス良く溶け合って、綺麗な酸味ベースの優しい味わいに厚み、深み、ふくらみのある飲み心地が重なります。

後味に広がるいろいろな味わいが溶け込んだふくよかな酸味が実に心地よく、全体を優しく包み込む包容力も見せながら、飲んで飽きの来ない深みあふれる爽やかな余韻が飲む人を引き付けます。


高い品質で日常に寄り添う辛口赤ワイン


トマト料理と楽しむならこのワインがおすすめ

イスラエルの赤ワインはアルコールが14%台と高めのものが多いのですが、このワインのアルコール度数は13%。
軽やかな飲み心地と飲んでいる間の味わいの変化が楽しさを演出しています。

そしてこのワインの特徴である穏やかな酸味ベースの飲み心地は、元々ワインとは相性の良い食材と言われているトマト料理ですが、まさにトマト料理の持つ酸味にピッタリの味わいを奏でて、一層の輝きを見せるのです。



*エラ・ヴァレーの他のワインはこちらを参照:
『エラ・ヴァレーのワイン一覧』




 ******************************


エラ・ヴァレー・ワイナリー ( Ella Valley winery )

エラ・ヴァレー・ワイナリー

古代からブドウ栽培と上質なワイン醸造が行われていた伝統の復活
エラ・ヴァレー・ワイナリーは、エラ・ヴァレー(エラの谷)に拠を構えるエステート・ワイナリーです。この地は旧約聖書『サムエル記』の逸話に出てくる少年ダビデが巨人戦士ゴリアテと戦った舞台として知られています。
元々この一帯はぶどうの栽培に適した地域として知られていて、紀元前3,000年〜4,000年の古代からブドウ栽培と上質なワイン醸造が行われており、ワイン造りではとても歴史ある地域なのです。

イスラム教民族による支配が続いてワイン造りが長い間禁止されたため、この地域でのブドウ栽培の歴史はすっかり忘れ去られていたのですが、1990年代初期になって伝統の復活に努力するワインアリーが現れます。
1998年に設立されたエラ・ヴァレー・ワイナリーは、この歴史的な伝統の復活に当初より携わってきたワイナリーで、この地で何千年も続いた古代のワイン作りの文化を再興し、これに現代のワイン醸造の知識と技術を融合してプレミアムワインの生産に取り組んでいるのです。

※エラ・ヴァレー・ワイナリーについて詳しくはこちら:『エラ・ヴァレー・ワイナリー』



トップへ戻る