イスラエルのワイナリー事情
ティシュビワイナリー

イスラエルは日本の四国ほどの広さの国土しかないのですが、
現在ではここに300を超えるブティック・ワイナリーが興隆し、
高品質の個性溢れるワイン造りに活躍しています。

しかしながら現在に至るまでのイスラエルのワイン造りは、
平坦なものではありませんでした。

ワイン発祥の地
そもそもイスラエルはワイン発祥の地の一角を占め、
ワイン造りには5,000年以上の歴史がある国です。

ところが第一次世界大戦が終わる近年まで、
400年に渡ってオスマン帝国(イスラム教)に支配されていた時期があり、
さらに遡ってみればイスラム教による支配は古くは600年代から始まり、
その期間は約1,200年にもなりますし、またこの間はワイン作りが禁止され、
当時の土着品種の葡萄はすべて引き抜かれてしまったと言われています。

長い間ワイン文化が消えた事もあり、
近年になってワイン造りが盛んになりましても、
あまり注目を集めることはなかったのです。


ツィポリ遺跡

イスラエル北部ガリラヤ地方にあるツィポリ遺跡のモザイク画
ローマ時代に描かれたバッカス(酒の神)と酒宴の様子
出典: Daydream Tourist(https://daydreamtourist.com/)


近代のワイン造りの再建
近代のイスラエルのワイン造りは、
1882年にシャトー・ラフィットのオーナーであった
エドモンド・ド・ロスチャイルド男爵が
カーメル・ワイナリーを設立したところから始まります。

当初はユダヤ人向けのコーシャワイン作りが中心でしたが、
時代が進むこと1983年のゴランハイツ・ワイナリーの創設を機に、
イスラエルのワイン造りは高品質ワイン造りへと舵を切って行く事になるのです。
これらの動きに触発されて1990年代に入りますと、
ブティック・ワイナリーが次々と生まれて現在に繋がっていきます。


世界基準の高品質ワインとしての認知
そんなイスラエルワインが一躍注目を浴びるきっかけ
となりましたのは2007年のこと。
かのワイン評論家 ロバート・パーカー氏が、
以下の9ワイナリーのワインに90ポイント以上のスコアを付けたことから、
イスラエルワインは世界基準のワインとして世に躍り出る事になるのです。

  1.ヤティール・ワイナリー
  2.ゴランハイツ・ワイナリー
  3.ツオラ・ヴィンヤード
  4.ドメーヌ・デュ・カステル
  5.ガリル・マウンテン・ワイナリー
  6.カーメル・ワイナリー
  7.チューリップ・ワイナリー
  8.ペルター・ワイナリー
  9.クロ・ド・ガット・ワイナリー

何と、まだほんの12年前のことなんですね。
その後は年を経る毎にイスラエルワインの評価は高まるばかり。
世界のワイン市場から注目を浴びる国の一つとなっているのです。

大手ワイナリーが市場を独占
さてイスラエルのワイン産業で特徴的なのは、
以下に示す大手の4大ワイナリー
(バルカン、カーメル、テパーバーグ、ゴランハイツ)
が市場の70%以上という高いシェアを占め、
寡占状態にあると言うことでしょう。
他の多くのブティック・ワイナリーがいかに小規模経営であるかが窺えます。

2018年10月時点でのイスラエルのトップ5ワイナリー
 1.バルカン ワイナリー
 2.カーメル ワイナリー
 3.テパーバーグ ワイナリー
 4.ゴランハイツ ワイナリー
 5.アルツァ ワイナリー

  (出典:WinesIsrael,FAST FACTS/ ISRAELI WINE, Oct. 5, 2018)

   ※ ちなみに日本市場では『ヤルデン』の名前が良く知られていますが、
     これは4番手に付けるゴランハイツワイナリーのブランド名ですね。

ブティック・ワイナリーの活躍
しかしながら、小規模ながらもユニークで高品質なワインを作り続ける
ブティック・ワイナリーの存在もまた、
イスラエルのワイナリー事情の特徴の一つとなっています。
幾つか例を挙げてみますと、
・マルガリット・ワイナリー:  カベルネの造り手として高い評価を獲得しています。
                ソムリエで有名なあの田崎真也氏が絶賛したことで、
                日本でも知られることになります。
・ドメーヌ・デュ・カステル:  イスラエルのワインの水準を世界に知らしめた
                ワイナリーの1つです。
・レカナッティ・ワイナリー:  イスラエルの土着品種に回帰し、古代の白ブドウ品種
                マラウィのワイン造りに取り組んでいます。これは
                「キリストが飲んだワイン」としても話題になって
                います。
・ヤティール・ワイナリー:   設立から10年も経たない内に『 イスラエル最高の
                ワイナリーの1つ 』と評価され、これほど短期間
                で広く認知されるに至ったワイナリーは他にないで
                しょう。
・ヴィトキン・ワイナリー:   イスラエルの先駆的なワイン造りの活動には必ず名
                前が出てくる、ブティック・ワイナリーの旗手です。
                カリニャンの作り手としても高い評価を得ています。
・プサゴット・ワイナリー:   ブティック・ワイナリーの雄として知られ、そのワ
                インはイスラエルの首相公邸や大統領公邸で、お客様
                用として常備されているそうです。
・チューリップ・ワイナリー:  高品質ワイン造りと社会貢献の両立を目指しながら
                事業を進めていて、最大のブティック・ワイナリー
                へと成長しています。

上述のパーカー氏のリストを見ましても、大手に伍して、
ブティック・ワイナリーが堂々とその存在感を示しているのが分かります。
大手ワイナリーだけで無く、様々な特色溢れるワイン造りをリードしているのも
ブティック・ワイナリーなんですね。

このようにイスラエルには特色溢れるワイナリーが数多くありまして、
当サイトでは、このような中から
 ・ イスラエルの歴史的ワイナリーであるカーメル・ワイナリー
  (及び姉妹ワイナリーであるヤティール・ワイナリー
 ・ カーメルワイナリーとも縁の深い名門ティシュビ・ワイナリー
 ・ イスラエルで最大の非コーシャワイン生産者であり、
   高品質ワイン造りで名高いペルター・ワイナリー
 ・ ブティック・ワイナリーの雄であるプサゴット・ワイナリー
 ・ 最大のブティック・ワイナリーに成長したチューリップ・ワイナリー
の商品を選別し、特色溢れるワインをお届けしています。

また他にも適宜スポットで輸入したりしながら、
特色あるワイナリーをご紹介しています。



ティシュビワイナリー 

プサゴットワインリー 

カーメルワイナリー

   
ペルターワイナリー

セガルワイナリー 

ヴィトキン・ワイナリー 

   
チューリップ・ワイナリー 

  
   





 期間限定キャンペーン 
気軽に楽しむイスラエルワイン
高品質のイスラエルワインを楽しむ


 今月のおすすめワイン 
今月のおすすめワイン



キャッシュレス・5%還元

お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ

イスラエル関連サイト
パンラエル
トップへ戻る