ペルター・ワイナリー
( Pelter winery )
上ガリラヤにあるペルター・ワイナリーのブドウ園

『 ペルターのワイン一覧 』はこちら



高い品質で人気!家族経営の美味しいワイン造り

ペルター・ワイナリーが創設されたのは2001年。タル・ペルターがオーストラリアでブドウの栽培やワインの醸造について学んだ後、家族が運営する農場のあるMoshav Zofit にて弟のニールと共にワイン造りを始めたのが最初です。
そして2005年にはシリアとの国境に近いゴラン高原北部に位置するキブツ(Ein Zivan)に移り、本格的にワイン生産を始めます。 この辺りは標高1,000mを超える地域で、火山性玄武岩の土壌で覆われていて、長く寒い冬に乾燥して涼しい夏、そして昼夜の気温差は激しく強い日差しが照りつける気候が特徴です。葡萄がゆっくりと熟成しながら、高い品質と多様な風味を蓄えていくには理想的な環境なのです。


ジュディアンヒルズのブドウ園

生産の拡大と共に、現在では、葡萄園はゴラン高原、上ガリラヤ、ジュディアンヒルズ、そしてネゲヴ砂漠にあるミツペ・ラモンとイスラエル各地に点在し、これらの特色溢れる多様な土壌や気候の下で注意深く育てられた葡萄はそれぞれ丁寧に手摘みで収穫され、集められています。同じ品種の葡萄でも異なる環境で育てられた葡萄が巧みに組み合わされ、充実した深みと多様な味わいのワインを造り出しているのです。


ネゲヴ砂漠(ミツペ/ラモン)にあるブドウ園

最初に栽培されたブドウから4000本のボトルを生産する事で始まったワイン造りも、現在では年間15万本以上の生産量までに拡大しています。
イスラエル最大規模の非コーシャワイン生産者であり、同時にコーシャワインの生産も開始するなど成長を続けていますが、ペルター・ワイナリーではぶどうの選別からタルの購入、ワインのブレンディング、瓶詰め、マーケティングから出荷に至るまでの多くの作業をいまだに家族のみで行っていて、ブティック・ワイナリーののどかな雰囲気をそのまま維持しています。
ペルターの哲学は決してこちらからは売り込みをしないことで、ペルターのワインに興味を持つ者は向こうから訪ねてくるという信念が揺らぐことはありません。


食事を彩るペルターの人気の赤ワイン

生産されたワインの20%ほどが輸出に回され、多くはヨーロッパに、そして米国に輸出され、高い評価を獲得しています。ほとんどが消費されるイスラエル国内でも品質の高さで人気は高まる一方であり、そんな中からほんのわずかのワインが日本にやってきているのです。




『 ペルターのワイン一覧 』はこちら




Goods 関連商品

  •     
  •     
お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ

テマサトラベル
トップへ戻る