また飲みたくなる!
イスラエルワインの歴史と特徴とおすすめワイン
〜お手頃で美味しいイスラエルワイン〜

安くて美味しいイスラエルワイン




5000年以上のワイン造りの歴史あるイスラエル

そもそもイスラエルは中東に位置し、ワイン発祥の地の一角を占める国です。
(ワイン発祥の地については『ワイン発祥の地とイスラエルの土着品種』参照。)

最近の研究では5,200年前からワインが造られていた記録が見つかっていますし、
古くは多種多様な葡萄品種が造られていたことが知られています。
ローマ時代には盛んにワインをローマへ輸出していたそうです。


ツィポリ遺跡

イスラエル北部ガリラヤ地方にあるツィポリ遺跡のモザイク画
ローマ時代に描かれたバッカス(酒の神)と酒宴の様子
出典: Daydream Tourist(https://daydreamtourist.com/)


ところが第一次世界大戦が終わる近年までの400年間に渡って
オスマン帝国(イスラム教)に支配されていた時期があり、
またこの間はワイン作りが禁止されていたことから、
当時の土着品種の葡萄はすべて引き抜かれてしまったと言われています。


近代のワイン造り復活の動き

すっかり衰えてしまったイスラエルワイン造りの復活は1882年に、
シャトー・ラフィットのオーナーであったエドモンド・ド・ロス
チャイルド男爵がカーメル・ワイナリーを設立したところから
始まります。

当初はユダヤ人向けのコーシャワイン作りが中心でしたが、
時代が進むこと1983年のゴランハイツ・ワイナリーの創設を機に、
イスラエルのワイン造りは高品質ワイン造りへと舵を切って行く
事になります。そしてこれらの動きに触発されて、
1990年代に入りますとフランスの近代ワインの醸造技術に加えて
アメリカ(カリフォルニア)やオーストラリアからも醸造技術が
入ってきて、ブティック・ワイナリーが次々と生まれ、
現在の興隆に繋がっていくのです。


プサゴットで見つかった古代のワイン圧搾施設

プサゴット・ワイナリーで見つかった古代のワイン圧搾施設


世界基準の高品質ワインとしての認知

そんなイスラエルワインが一躍注目を浴びるきっかけとなりましたのは
2007年のこと。
かのワイン評論家 ロバート・パーカー氏が、
イスラエルの9ワイナリーのワインに90ポイント以上のスコアを付けたことから、
イスラエルワインは世界基準のワインとして世に躍り出る事になるのです。
何と、まだほんの13年前のことなんですね。

その後は年を経る毎にイスラエルワインの評価は高まるばかり。
世界のワイン市場から注目を浴びる国の一つとなっているのです。
現在では日本の四国ほどの広さの国土の中に
300を超えるブティック・ワイナリーが興隆し、
高品質の個性溢れるワイン造りに邁進しています。




ワイン造りに向いたイスラエルの気候・土壌と生産地


テルアビブの風景

地中海に面するテルアビブの海岸風景


イスラエルは地中海東岸に位置する中東の国です。
マイクロクライメイトとも称される多様な気候、標高の変化の大きさ、
そして変化に富んだ土壌の資質など、狭い地域で様々な気候や環境要因
が見られ、多様なブドウ品種が育まれています。

そんな中で、現在イスラエルには下記の 5つのワイン造りが盛んな地域
があります。
 (1)ガリラヤ  :上・下ガリラヤ地方及びゴラン高原を含む
           北部地域。
 (2)ショムロン :カルメル山麓の南側に広がる地域。
 (3)サムソン  :テルアビブ南側海岸沿いの平野地域。
 (4)ジュディアンヒルズ :エルサレム近郊に広がる丘陵地帯。
 (5)ネゲヴ   :イスラエル南部の砂漠地帯。



ショムロン地区・サムソン地区

ショムロンのティシュビ・ワイナリー

ショムロンにあるティシュビ・ワイナリー

ショムロンは1880年代にエドモンド・ド・ロスチャイルド男爵によって 開拓された、イスラエルで最も伝統的かつ最大のワイン生産地域です。
カルメル山麓の寒冷気候と地中海の温暖な気候の両方の恩恵を受け、 また石灰質の粘土、テラ・ロッサ、白亜質の石灰岩
などが入り交じる土壌に恵まれ、古くから大々的に生産が続けられています。

一方サムソンはテルアビブ南東のジュデアン平原及び低地に広がる、
イスラエル中央に位置する海岸沿いの地域で、砂地や粘土質のローム層
が堆積した土壌が広がっています。
いずれも長年に渡ってイスラエルワイン生産の伝統を支えて来た、
高品質ワインというよりはデイリーワインの生産を担って来た地域です。


ガリラヤ(ガリリー)地方・ゴラン高原

上ガリラヤにあるカーメル・ワイナリー

上ガリラヤにあるカーメルのキヨウミ葡萄園

ガリラヤ地方はレバノン国境の南側に広がるイスラエル北部の地域で、 ゴラン高原と共にイスラエルで最良のワイン生産地と考えられています。
上(北部)ガリラヤ地方は標高650m〜1,000mに位置する山岳地帯で、 火山性の砂地とテラロッサ土壌が混ざり、
粘土質ですが水はけが良く、冷涼な気候がワイン造りに向いた環境を
作り出しています。

またゴラン高原は火山性台地で気候も比較的涼しく、
北部の標高は750m〜1,200mであり、土壌は火山性凝灰岩と玄武岩から
成っていて水はけにも優れています。
火山性土壌からくるミネラル感漂う味わいのワインが特徴です。


ジュディアンヒルズ

ジュディアンヒルズの雪に覆われた
プサゴット・ワイナリー  

ジュディアンヒルズにあるプサゴット・ワイナリー

エルサレムの北にある山岳地帯から南に広がる石灰質土壌の地域で、 ゴラン高原、上ガリラヤ地方と並んで高品質ワインに向いた産地として、 注目を集めている地域です。
古代からワイン造りが行われていた地域でもあり、ハーブの香りや スモーキーな味わいが交じり合う複雑味豊かな味わいのワインが特徴です。



ネゲブ砂漠

ネゲブ砂漠にあるティシュビ・ワイナリー

ネゲブ砂漠にあるティシュビ・ワイナリー

砂漠気候で年間降雨量がほとんどないゲネブ砂漠は、排水性の良い 火山性の土壌に加えて寒暖差も大きく、ここでのワイン生産は イスラエル独自の灌漑システムと高度な品種改良の結果であると 言えるでしょう。
雨がほとんど降らないためにブドウの糖度が上がりやすく、 糖度を如何に制御するかに注目したワイン造りが進められています。




イスラエルワインの特徴

世界中の最新の技術が融合したワイン造りが行われていること、
ヴィーガン人口も多く健康志向が強いことなど、いろいろと個性
豊かなワインが多いのですが、そんな中でも気候・土壌の視点と
コーシャワインである事の2つは外すことはできません。


1.南欧などのワインに見られる厚みのある味わい

  イスラエルは北緯32度〜33度に位置し、ワイン産地としては幾分
  緯度が低く暑さが厳しいのですが、暑さを補う標高の高さ(高原)
  や多様な土壌に恵まれ、全般的には南欧の気候にも似た環境が
  広がっていると言われています。
  ワイン造りにおきましても昨今は地中海品種に注力する傾向もあり、
  ブドウ品種を含め、南フランスのワインのような厚みのある果実味
  豊かな味わいが特徴の一つと言えるでしょう。


カーメル単一畑のメルロー

2.コーシャワインであること

  コーシャとはユダヤ教の食事規定のことですね。ワインは宗教行事の
  様々な場面で使われることもあり、コーシャの規定の中でも特に厳格
  な規定が適用されています。
  この結果トレーサビリティが高く、また余計な添加物を加えること
  が無いため、コーシャ食品は健康的であると考えられていまして、
  宗教に関係なく、欧米ではコーシャワインやコーシャ食品は高い人気
  を得ています。
  実際日本でも、イスラエルワインを飲んで頭が痛くなることはないと
  好評ですし、(注:頭が痛くなる理由ははっきりしていまして
  ワインを飲んで頭痛になる?【ワインと酸化防止剤】参照。)
  体が弱い人からは飲んでも体の負担にならないと高く評価されている
  のです。


ティシュビでの宗教指導者による監督

  ※ コーシャについては『コーシャワインの話』参照。





家飲みワインにピッタリのおすすめイスラエルワイン


家飲みにもちょっとしたパーティにもピッタリの、お手頃価格で
質の高い味わいをお楽しみ頂けます。
家飲みワインの新たな定番として、美味しいイスラエルワインが
おすすめです。



1.カーメル・セレクテッド|メディテレーニアン・ブレンド

カーメルのデイリーワイン


ロスチャイルド男爵によって創設されたイスラエルの歴史的ワイナリー
であるカーメルのワインです。ショムロン地区で造られた、イスラエルを
代表するデイリーワイン・シリーズでもあります。
ブドウ品種はシラーズを中心にカリニャンとプティ・シラーを交え、
これに少しヴィオニエが加わっていて、地中海沿岸地方の特色溢れる
香りと風味を体現しています。優しいタンニンが広がる濃密な味わいの、
“地中海ブレンド”と名付けられた人気の赤ワインです。

※ 詳しくは『こちら』




2.カーメル・セレクテッド|エメラルド・リースリング

カーメルのエメラルド・リースリング


同じくカーメルの、日本でも高い人気を誇るセミドライの白ワインです。
エメラルド・リースリングは1950年代にカリフォルニアで造られた品種
で、イスラエルには1970年代後半に持ち込まれました。
元々イスラエルでは人気の白ワインで、この品種のこれだけの成功は
他の国では見られないと言われます。イスラエルの特色ある白ワイン
品種の一つと言ってよいでしょう。

※ 詳しくは『こちら』




3.エラ・ヴァレー|エヴァーレッド・カベルネ・ソーヴィニヨン

家飲みにもピッタリのエラ・ヴァレーのおすすめ赤ワイン


エラ・ヴァレー・ワイナリーのエヴァーレッド・シリーズは、
ワイン愛好家に手頃な価格でしっかりとした価値あるワインを提供する
ことを目的としており、高い品質で毎日の食事や楽しみに寄り添うよう
造られています。

この辛口の赤ワインは、いずれもヴァレー夜間に手摘みで収穫された、
カベルネ・ソーヴィニヨンにメルローとプチ・ヴェルドが加えられています。
フリーラン・ジュースが使われ、フレンチオーク樽で熟成されていて、
ミディアムボディのバランスの良いエレガントな味わいに仕上がっています。

※ 詳しくは『こちら』




4.エラ・ヴァレー|エヴァーホワイト・ブラン

エラ・ヴァレーのおすすめ白ワイン


ミディアムボディのすっきりとした爽やかな酸味に果実味が溶け合う、
日々の食事のお伴にピッタリのとても飲みやすい味わいのおすすめ
辛口白ワインです。
エラ・ヴァレーが位置するジュディアンヒルズは、最も古くから
ワイン造りが行われてきた地域の一つで、近年世界から最も注目
されている高品質ワインの生産地域でもあります。
エラ・ヴァレーは、この地で何千年も続いた古代のワイン作りの文化
に現代のワイン醸造の知識と技術を融合してプレミアムワインの生産
に取り組んでいます。

※ 詳しくは『こちら』








[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

個性豊かな味わいのおすすめ赤ワイン【カーメル・セレクテッド|メディテレーニアン・ブレンド】

1,408円(税込)

カベルネやメルローからちょっと離れて、カリニャンやプティ・シラーを楽しむのは如何でしょう!個性豊かな味わいが弾けます。


カーメル・セレクテッド|エメラルド・リースリング【イスラエルの特徴あふれる白ワイン】

1,452円(税込)

イスラエルで花開いたエメラルド・リースリング。中辛口(やや甘口)のボディにフローラルな香りと果実味が溢れ、品の良い酸味が心地良く重なります。


カーメル・ワイナリーのおすすめデイリーワイン|メルロー【飲みやすさが魅力|イスラエル】

1,452円(税込)

ミディアムボディの穏やかな味わいで、以前より甘味を抑えた透明感のある口当たりが食欲を誘い、日々の食事のお伴にピッタリの1本です。


カーメル・セレクテッド|ソーヴィニョン・ブラン【辛口白ワイン|イスラエル】

1,452円(税込)

爽やかでフローラルな香りにメロンや洋なしなどの優しく華やかなアロマが重なり、余韻に漂うミネラル感が食欲をそそります。



飲みやすいミディアムボディの赤ワイン【ティシュビ・ヴィンヤーズ|メルロー】−イスラエル

1,889円(税込)

ハーブやブルーベリーの香りに軽やかな酸味、澄んだタンニンが重なり、清涼感漂う爽やかで飲みやすい味わいが食欲をそそります。


ティシュビのデイリーワイン|フレンチ・リースリング【おすすめのやや甘口白ワイン】−イスラエル

1,704円(税込)

イスラエルの特徴溢れるやや甘口の白ワインです。ほのかな甘味にライムの爽やかな酸味が絡み合い、フローラルな優しい味わいが広がります。


ミディアムボディのバランスの良さ輝くエラ・ヴァレーおすすめの辛口赤ワイン【イスラエル】

2,860円(税込)

手頃な価格でしっかりとした価値あるワインを提供することを目的に、高い品質で毎日の食事に寄り添う飲みやすい辛口赤ワインです。


エラ・ヴァレーがお届けする日々の食事のお伴にピッタリの飲みやすい辛口白ワイン−イスラエル

2,750円(税込)

ミディアムボディのすっきりとした爽やかな酸味に果実味が溶け合う、とても飲みやすい味わい広がるおすすめ辛口白ワインです。


全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

Goods 関連商品

  •     
  •     
お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ
トップへ戻る