ジュディアンヒルズとガリラヤの違いを楽しむ赤ワイン2本セット【イスラエル】

いずれもミディアムボディの、重たさの漂う落着いた雰囲気の心地良さと軽やかでバランスの良い味わいが魅惑溢れる飲み心地を競います
商品ID 180410741
生産年・容量 750ml x 2本
希望小売価格 8,361円(税込)
販売価格 8,194円(税込)
購入数


ジュディアンヒルズとガリラヤの違いを楽しむ赤ワインセット

セットに含まれるワインの種類(750ml x 2本):
1)エラ・ヴァレー・ザ・エラ|ドライレッド・ワイン
2)チューリップ・シリーズ|カベルネ・ソーヴィニヨン



エラ・ヴァレーとチューリップがジュディアンヒルズとガリラヤの特徴を主張する赤ワイン2本セットです。

テロワールが個性を放ち、しっとり重たさの漂う落着いた飲み心地と軽やかな飲み口の澄んだ酸味と果実味のバランス良い味わいが、深みあるふくよかな味わいを奏でて飲む人を魅了します。


高い品質で日常に寄り添う辛口赤ワイン








エラ・ヴァレー・ザ・エラ|ドライレッド・ワイン

( Ella Valley Estate Merlot )
ザ・エラ・シリーズの赤ワイン  
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種
 
 
:カベルネ・ソーヴィニヨン 45%
 メルロー 30%
 シラー 25%
アルコール度数:14%
生産年:2021年
容量:750ml
味わい:辛口−ミディアムボディ
その他:コーシャワイン
生産地:イスラエル|エラ・ヴァレー
  (ジュディアンヒルズ)

この赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーのブレンドです。ジュディアンヒルズで育まれる各葡萄の区画は別々に管理され、夜間に手摘みで収穫された後、フレンチオーク樽で別々に熟成されます。熟成プロセスの最後の段階でブレンドされ、さらなる熟成期間を経て瓶詰めされています。
豊かな果実味と独特のジュディアンヒルズの土の香りが個性を放ち、繊細で柔らかく優しい飲み心地が溢れます。


 ミディアムボディの深みあふれる繊細な飲み口が魅力
 の赤ワイン


    ザ・レッド・エラ2

抜栓と同時にチェリーやレーズンの濃密感漂う豊かな果実味と香りが湧き上がり、酸味や渋みは控え目の、ミディアムボディの深みを感じさせる落着いた飲み口が広がります。
シラーの影響でしょうか、幾分スパイシーなニュアンスと共にカベルネともメルローとも少し趣の異なる風味を絡ませながら、個性的で柔らかく深みのある味わいが何とも魅力的で繊細な飲み心地を奏でます。

時間の経過と共にジュディアンヒルズ特有のミネラリーな土の香りも顔を出して深み漂うふくよかな果実味と溶け合い、重心の低い落着いた雰囲気を醸し出しながら、ついついグラスを重ねてしまうワインだけでも楽しめる個性豊かな味わいが溢れます。

詳しくは『こちら』




チューリップ・シリーズ|カベルネ・ソーヴィニヨン

( Tulip Series Cabernet Sauvignon )
チューリップ・シリーズのカベルネ
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種
 
 
:カベルネ・ソーヴィニヨン 90%
 カリニャン 5%
 ヴィオニエ 5%
アルコール度数:14%
生産年:2022年
容量:750ml
味わい:辛口 ミディアムボディ
熟成:フレンチオーク樽にて8ヶ月間熟成。
その他
 
:ヴィーガンワイン
 コーシャワイン
生産地:イスラエル|ガリラヤ地方

チューリップのワインは年々その品質を向上していて、このカベルネも例外ではありません。
ガリラヤ地方にある少量生産の畑で育てられた葡萄から造られ、葡萄は夜間及び早朝に手摘みで収穫され、ワイナリーに持ち込まれた後に丁寧に選果されています。
10日間の低温マセレーションおよび発酵が行なわれ、さらにマロラクティック発酵を経て、特別のフレンチオーク樽で8ヶ月間、丹念な熟成期間を経ています。熟成の間にカリニャン5%、ヴィオニエ5%が加えられ、チューリップ・シリーズのワインらしいユニークな特徴を醸し出しています。


  軽やかでバランスの良い飲み心地


     チューリップ・シリーズ|カベルネ・ソーヴィニヨン

色合いは明るさのある赤味がかった赤紫色をしていて、ミディアムボディの色調を示しています。
チェリー系の赤果実の軽やかな香りが漂い、ライトに近いミディアムボディのとても軽やかな飲み口で、すっきりとした優しい酸味に果実味がそっと重なり、さらに後から軽やかで澄んだタンニンが追いかけて来て溶け合います。

詳しくは『こちら』




******************************


エラ・ヴァレー・ワイナリー ( Ella Valley winery )

 エラ・ヴァレー・ワイナリー

古代からブドウ栽培と上質なワイン醸造が行われていた伝統の復活
エラ・ヴァレー・ワイナリーは、エルサレムから西へ40km程の所に位置するエラ・ヴァレー(エラの谷)に拠を構え、3つのブドウ畑を所有しているエステート・ワイナリーです。

長年に渡ってイスラム教民族による支配が続いたため、この間にワイナリーは破壊され、限られた宗教上の理由を除いてワイン作りは禁止されていましたから、この地域でのブドウ栽培の歴史はすっかり忘れ去られていました。

そんな中で1990年代初期になって、ほんの一握りの人達ですがこの地域でのブドウ栽培やワイン生産の歴史に着目し、伝統の復活に努力し始めます。
1998年に設立されたエラ・ヴァレー・ワイナリーは、この歴史的な伝統の復活に当初より携わってきたワイナリーであり、この地で何千年も続いた古代のワイン作りの文化を再興し、これに現代のワイン醸造の知識と技術を融合してプレミアムワインの生産に取り組んでいるのです。

※エラ・ヴァレー・ワイナリーについて詳しくはこちら:『エラ・ヴァレー・ワイナリー』



トップへ戻る