カベルネ、メルロー、シラーが絡み合う軽やかな飲み心地のブレンド赤ワイン【エラ・ヴァレー|イスラエル】

湧き上がる豊かな果実香に土の香りも絡み合い、個性的な趣漂う繊細で柔らかく深みのある味わいが何とも魅力的な飲み心地を奏でます。
【今週のおすすめ】
商品ID 174299715
生産年・容量 2021年 750ml
希望小売価格 3,982円(税込)
販売価格 3,584円(税込)
購入数


ザ・レッド・エラ1

エラ・ヴァレー・ザ・エラ|ドライレッド・ワイン

( Ella Valley The Ella Dry Red Wine )
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種
 
 
:カベルネ・ソーヴィニヨン 45%
 メルロー 30%
 シラー 25%
アルコール度数:14%
生産年:2021年
容量:750ml
味わい:辛口−ミディアムボディ
その他:コーシャワイン
生産地:イスラエル|エラ・ヴァレー

ザ・エラ・シリーズには、ワイナリー所有の葡萄園で栽培された葡萄とジュディアンヒルズに位置するエラ渓谷のユニークなテロワールとを組み合わせた魅力溢れる赤と白のブレンドワインがあり、食事を一層楽しくさせる明るく軽やかで質の高い味わいを提供しています。

この赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーのブレンドです。各葡萄の区画は別々に管理され、夜間に手摘みで収穫された後、フレンチオーク樽で別々に熟成されます。熟成プロセスの最後の段階でブレンドされ、さらなる熟成期間を経て瓶詰めされています。



ミディアムボディの澄んだ飲み口が魅力の赤ワイン


色合いは若々しさを感じさせる紫がかった赤紫色で、等高線で現された地図が描かれたエチケットが目を引きます。
抜栓と同時にプラムや干しぶどうの濃密感も漂う豊かな香りが湧き上がり、酸味や渋みは控え目の、ミディアムボディの穏やかで澄んだ軽やかな飲み口が広がります。

味わいに落ち着きを見せ始めると、ジュディアンヒルズ特有のミネラル豊かな土の香りも顔を出して、透き通った綺麗な酸味にまとわりついては個性豊かな飲み口を演出しています。


    ザ・レッド・エラ2

時間の経過と共に優しく繊細な飲み心地が広がるようになり、余韻にも深みのある落ち着いた果実風味が漂う品の良い立ち振る舞いを見せ始めます。

シラーの影響でしょうか、カベルネともメルローとも少し趣の異なる風味を漂わせて、個性的で柔らかく深みのある味わいが何とも魅力的な飲み心地を奏でるのです。


    ザ・レッド・エラ3

濃厚な味わいとはちょっと距離を置いた、明るく軽やかな味わいが、普段の食事と共に楽しむのにピッタリの雰囲気を醸し出しています。
雑な食事ではなく、それなりに落ち着きのある、そして味の濃い料理ではなく、どちらかというと淡泊な料理と楽しめそうな赤ワインです。
豊かな果実味と独特のジュディアンヒルズの土の香りが個性を放っていて、女性に好かれることまちがい無しの柔らかく優しい飲み心地が広がるのです。



*エラ・ヴァレーの他のワインはこちらを参照:
 『エラ・ヴァレーのワイン一覧』




 ******************************


エラ・ヴァレー・ワイナリー ( Ella Valley winery )

エラ・ヴァレー・ワイナリー

古代からブドウ栽培と上質なワイン醸造が行われていた伝統の復活
エラ・ヴァレー・ワイナリーは、エルサレムから西へ40km程の所に位置するエラ・ヴァレー(エラの谷)に拠を構え、3つのブドウ畑を所有しているエステート・ワイナリーです。

長年に渡ってイスラム教民族による支配が続いたため、この間にワイナリーは破壊され、限られた宗教上の理由を除いてワイン作りは禁止されていましたから、この地域でのブドウ栽培の歴史はすっかり忘れ去られていました。

そんな中で1990年代初期になって、ほんの一握りの人達ですがこの地域でのブドウ栽培やワイン生産の歴史に着目し、伝統の復活に努力し始めます。
1998年に設立されたエラ・ヴァレー・ワイナリーは、この歴史的な伝統の復活に当初より携わってきたワイナリーであり、この地で何千年も続いた古代のワイン作りの文化を再興し、これに現代のワイン醸造の知識と技術を融合してプレミアムワインの生産に取り組んでいるのです。

※エラ・ヴァレー・ワイナリーについて詳しくはこちら:『エラ・ヴァレー・ワイナリー』



トップへ戻る