ティシュビのデイリーワイン赤2本セット【ミディアムボディ|カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロ】

自然派志向の澄んだ綺麗な味わいが評判!
明るく親しみやすい味わいで普段の食事に彩りを添える

商品ID 115790245
生産年・容量 750ml x 2本
販売価格 3,260円(税込3,521円)
購入数


ティシュビ・ヴィンヤーズ|カベルネとメルロ

透明感と軽やかさが織りなす明るい雰囲気に溢れたカベルネと
芳醇な味わいで親しみやすく飲みやすいメルロ


 セットに含まれる
 ワインの種類
  1)ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニョン 2016 
  2)ティシュビヴィンヤーズ|メルロ 2017



※ ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロ
いずれも地中海に臨むカルメル山麓の南側に位置するジフロン・ヤーコヴのブドウ園で育てられた、各々カベルネ・ソーヴィニョンとメルロ100%で造られており、全てステンレス・タンクで処理が行われています。


ティシュビヴィンヤーズ|カベルネとメルロ


  ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニョン 2016

ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニョン
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン 100%
アルコール度数:13%
生産年:2016年
容量:750ml
味わい:辛口 ミディアムボディ
その他
 
:ヴィーガンワイン
 コーシャワイン
生産地:イスラエル|ショムロン地区


※ ショムロン地域
ショムロンは、1880年代にエドモンド・ロスチャイルド男爵によって最初に開拓された、イスラエルでは最も伝統的かつ最大のワイン生産地域です。カルメル山麓南側に位置するジフロン・ヤーコヴとビンヤミナの2つの町を中心にブドウ畑が広がっています。
カルメル山麓の寒冷気候と地中海の温暖な気候の両方の恩恵を受け、また石灰質の粘土、テラ・ロッサ、白亜質の石灰岩などが入り交じる特色ある土壌に恵まれ、古くから大々的に生産が続けられている地域の一つです。



透明感や軽やかさが織りなす明るい雰囲気に溢れるカベルネ


ティシュビのヴィンヤーズの中の人気のカベルネ・ソーヴィニョン。
これまた食事が楽しくなること間違いなしの素晴らし味わいです。

抜栓と同時に柔らかなハーブの香り、
しっとりとした土の香りが漂い、
これにほのかに果実の甘味が絡みます。

    ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニヨン

とがったところのない、まろやかな口当たりが、
デイリーワインとは思えないふくよかさ、
深みのある味わいを醸し出していて、
余韻にゆったりと漂うタンニンの柔らかな刺激が心地良さを誘います。





  ティシュビヴィンヤーズ|メルロ 2017


ティシュビヴィンヤーズ|メルロ
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種:メルロ 100%
アルコール度数:13%
生産年:2017年
容量:750ml
味わい:辛口 ミディアムボディ
その他
 
:ヴィーガンワイン
 コーシャワイン
生産地:イスラエル|ショムロン地区


個性溢れる落ち着いた味わいが心地良いメルロ


ヴィンテージが2017年に代わって、
果実味やその甘やかな香りは以前よりも抑え気味になっています。
抜栓と同時に土の香り、灌木の香りが落ち着いた雰囲気を醸しだし、
ほのかな苦みと供にハーブやミネラル感も現われて複雑味を添え、
ミディアムボディの軽やかな味わいながらも、
バランスの良い、穏やかな味わいを見せています。


     ティシュビヴィンヤーズ|メルロ

個性溢れる澄んだ口当たりが心地良く、
果実味を押さえた品のある落ち着きが何とも魅力的で、
食事のお伴にピッタリの最高の装いを演出しています。




※ カベルネ・ソーヴィニヨン及びメルロの葡萄生産地であるショムロン地区
ショムロンは、1880年代にエドモンド・ロスチャイルド男爵によって最初に開拓された、イスラエルでは最も伝統的かつ最大のワイン生産地域です。カルメル山麓南側に位置するジフロン・ヤーコヴとビンヤミナの2つの町を中心にブドウ畑が広がっています。
カルメル山麓の寒冷気候と地中海の温暖な気候の両方の恩恵を受け、また石灰質の粘土、テラ・ロッサ、白亜質の石灰岩などが入り交じる特色ある土壌に恵まれ、古くから大々的に生産が続けられている地域の一つです。



****************************************

ティシュビ・ワイナリー ( Tishbi winery )

ティシュビ・ワイナリー

イスラエルのワイン業界において最も古いプレイヤーの一つ
ティシュビ・ワイナリーは、1882年にミハエル・カミレツキーとマルカ・カミレツキー夫妻がリトアニアより移住し、イスラエルのワイン作りで重要な役割を果たしたエドモンド・ロスチャイルド男爵の依頼を受けてジフロン・ヤアコヴでブドウ作りを始めた事に由来します。そんな経緯から、男爵(バロン)にちなんでバロン・ワイナリーと呼ばれていた時期もあり、イスラエルのワイン業界において最も古いプレイヤーの一つです。

一世紀以上にも渡って、男爵がその基礎を作り上げたカーメル・ワイナリーの為にブドウ作りを続けていましたが、1984年にミハエルの孫にあたるジョナサン・ティシュビによってティシュビ・ワイナリーが創設されます。
以後一貫してファミリーによるワイナリー経営が行われていて、葡萄作りに農薬や、殺菌剤、除草剤等々を使用せず、また肥料を使う事も無く、土壌の持つ力を信じてブドウを育てるやり方を引き継いでいます。
ヴィーガン認証を取得しているのも、こんな背景があるんですね。そしてカルメル山麓(ジフロン・ヤアコヴ)から始まったブドウ作りもガリラヤ地方、エルサレム近郊のジュデアンヒルズ、そして南のネゲヴ砂漠とイスラエル全土に広がりを見せています。

ボトルに黒帯を貼ったティシュビのシングルヴィンヤード・シリーズ
黒帯を付けたティシュビのシングルヴィンヤード・シリーズ

※ティシュビワイナリーについて詳しくはこちら:『ティシュビワイナリー』



お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ
トップへ戻る