ティシュビのデイリーワイン赤白2本セット【ミディアムボディ赤・やや甘口白】

軽やかな味わいで食事が楽しくなるティシュビの人気のデイリーワイン赤白2本セット
商品ID 110791786
生産年・容量 750ml x 2本
販売価格 2,939円(税込3,174円)
購入数


ティシュビのカベルネとフレンチリースリング

透明感と軽やかさが織りなす明るい雰囲気に溢れたカベルネと
爽やかな酸味とほのかな甘味が溶け合うフレンチ・リースリング


 セットに含まれる
 ワインの種類
 1)ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニョン 2016 
 2)ティシュビヴィンヤーズ|フレンチ・リースリング 2017 



ティシュビヴィンヤーズ|カベルネ・ソーヴィニョン 2016


ティシュビのカベルネ
タイプ:赤ワイン
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン 100%
アルコール度数:13%
生産年:2016年
容量:750ml
味わい:辛口 ミディアムボディ
その他
 
:ヴィーガンワイン
 コーシャワイン
生産地:イスラエル|ショムロン地区


地中海に臨むカルメル山麓の南側に位置するジフロン・ヤーコヴのブドウ園で育てられたカベルネ・ソーヴィニョン 100%。新鮮なチェリーやハーブの香り、森の下草の香りを漂わせ、透明感溢れる程よい酸味ベースの味わいと柔らかな果実味にマイルドな渋みが良く調和しています。


※ ショムロン地域
ショムロンは、1880年代にエドモンド・ロスチャイルド男爵によって最初に開拓された、イスラエルでは最も伝統的かつ最大のワイン生産地域です。カルメル山麓南側に位置するジフロン・ヤーコヴとビンヤミナの2つの町を中心にブドウ畑が広がっています。
カルメル山麓の寒冷気候と地中海の温暖な気候の両方の恩恵を受け、また石灰質の粘土、テラ・ロッサ、白亜質の石灰岩などが入り交じる特色ある土壌に恵まれ、古くから大々的に生産が続けられている地域の一つです。


ちょっと贅沢なデイリーワイン・シリーズとして...


ティシュビのヴィンヤーズの中の人気のカベルネ・ソーヴィニョン。
これまた食事が楽しくなること間違いなしの素晴らし味わいです。

食に拘りのあるティシュビのテーブルワインですからね。
食事と一緒に飲まれることを計算しつくしたようなその味わいに、
いやがうえにも引き込まれてしまいます。


    ティシュビヴィンヤーズカベルネ5

心地よい酸味が上品に広がり...

抜栓と同時に柔らかな樽香にハーブの香り、
しっとりとした土の香りが漂い、
これにほのかに果実の甘味が絡み合います。

とがったところのない、まろやかな口当たりが、
デイリーワインとは思えないふくよかさ、深み、
奥行きのある味わいを醸し出していて、
余韻にゆったりと漂うタンインの柔らかな刺激も心地良いですね。


    ティシュビヴィンヤーズのカベルネ6

透明感や軽やかさが織りなす明るい雰囲気に溢れる

心地よい酸味が優しく存在感を見せていて、
その透明感や軽やかさ、そしてマイルドな渋みが織りなす
何とも明るい雰囲気に溢れています。

食欲を掻き立てられてチーズなどを口にしたらもう大変。
程よく抑えられた酸味に澄んだ果実味が一層の輝きを増して口一杯に広がり、
素晴らしい余韻が後に続きます。

魚介類もよし、クリーミーな前菜もよし...
飽きの来ない何にでも合いそうな広がりを見せていて、
このカベルネと一緒ですと食事が益々楽しくなりそうです。





ティシュビヴィンヤーズ|フレンチ・リースリング 2017


ティシュビヴィンヤーズ|フレンチリースリング
タイプ:白ワイン
ぶどう品種
 
:エメラルド・リースリング 50%
 フレンチ・コロンバール 50%
アルコール度数:11.5%
生産年:2017年
容量:750ml
味わい:やや甘口(セミドライ)
その他
 
:ヴィーガンワイン
 コーシャワイン
生産地:イスラエル|ショムロン地区


地中海に臨むカルメル山麓の南側に位置するジフロン・ヤーコヴのブドウ園で育てられたエメラルド・リースリングと フレンチ・コロンバールのブレンド。若々しく心地よいアロマに優しい酸味、グレープフルーツなどの柔らかく ふくよかな果実風味が広がります。


優しい酸味が心地良いフレンチ・リースリング


フレンチ・リースリングは、
フレンチ・コロンバール50%とエメラルド・リースリング50%のブレンド。
イスラエルのワイン造りはカリフォルニアとも縁が深く、
1970年代初頭にカリフォルニアの醸造学教授がイスラエルを訪れ、
ゴラン高原がワイン生産に適した土壌と気候であることを指摘して、
これがイスラエルのワイン造り近代化の転換点になったと言われています。
この時期依頼、カリフォルニアからは様々な醸造技術や
ブドウ品種が持ち込まれたようですから、
そんな中にフレンチ・コロンバールや
エメラルド・リースリングもあったのでしょうね。
そうです。いずれもカリフォルニアから持ち込まれたものなんです。


     ティシュビヴィンヤーズ|フレンチリースリング1

ティシュビ・ワイナリーは、
農薬や殺菌剤、除草剤は使用せず、また肥料を使う事もなく、
土壌の持つ力を信じてブドウを育てるやり方を創業以来続けていまして、
コーシャ認定のみならずヴィーガン認定も取得している作り手です。
このような自然な作り方がワインの味わいにも色濃く表れていて、
控え目な酸味にマスカットを匂わせるブドウの果実味がまとわりつき、
透明感に溢れる優しい味わいが広がるのです。

今回のヴィンテージ 2017年からは、
今までに比べて酸味がずいぶん控え目になりまして、
とても飲みやすく、食前酒にもピッタリのワインとなっています。
辛口と言うよりはオフドライの、
余韻に漂うほのかな甘味が食欲を誘います。


     ティシュビヴィンヤーズ|フレンチリースリング2

10℃前後にしっかりと冷やして飲むのがお勧め

透明感のあるあくまでも優しい酸味が心地良く、
アプリコットや黄桃の香り、フローラルな香りが広がります。
口当たりはとても優しく、
以前よりも緑色がかった色合いが若々しさを醸し出しています。
しっとりと深みのある、ほのかな甘味も漂う自然実豊かな
優しい味わいが特長で、
これは飲んでいても飽きませんね。





****************************************

ティシュビ・ワイナリー ( Tishbi winery )

ティシュビ・ワイナリー

イスラエルのワイン業界において最も古いプレイヤーの一つ
ティシュビ・ワイナリーは、1882年にミハエル・カミレツキーとマルカ・カミレツキー夫妻がリトアニアより移住し、イスラエルのワイン作りで重要な役割を果たしたエドモンド・ロスチャイルド男爵の依頼を受けてジフロン・ヤアコヴでブドウ作りを始めた事に由来します。そんな経緯から、男爵(バロン)にちなんでバロン・ワイナリーと呼ばれていた時期もあり、イスラエルのワイン業界において最も古いプレイヤーの一つです。

一世紀以上にも渡って、男爵がその基礎を作り上げたカーメル・ワイナリーの為にブドウ作りを続けていましたが、1984年にミハエルの孫にあたるジョナサン・ティシュビによってティシュビ・ワイナリーが創設されます。
以後一貫してファミリーによるワイナリー経営が行われていて、葡萄作りに農薬や、殺菌剤、除草剤等々を使用せず、また肥料を使う事も無く、土壌の持つ力を信じてブドウを育てるやり方を引き継いでいます。
ヴィーガン認証を取得しているのも、こんな背景があるんですね。そしてカルメル山麓(ジフロン・ヤアコヴ)から始まったブドウ作りもガリラヤ地方、エルサレム近郊のジュデアンヒルズ、そして南のネゲヴ砂漠とイスラエル全土に広がりを見せています。

ボトルに黒帯を貼ったティシュビのシングルヴィンヤード・シリーズ
黒帯を付けたティシュビのシングルヴィンヤード・シリーズ

※ティシュビワイナリーについて詳しくはこちら:『ティシュビワイナリー』


お得なポイントが貯まる会員募集中!会員登録無料
業務用のご案内
  • ブログでイスラエルワイン情報発信中!
  • メルマガでイスラエルワイン情報発信中!
 『イスラエルに関わる
    エピソード』
  メルマガにて配信中!
   お申し込みは下記:

メルマガ登録・解除はこちらから
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
イスラエルワインのIJCMドットコム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
サイトマップ
トップへ戻る